整体について

整体と一言で言っても様々なものがありますが、当院ではアメリカで約140年前に発表された「オステオパシー」という技術体系とその考え方を基本とする施術を行っています。
のと整体は「クラシカルオステオパシー学会(JICO)」に所属し学び続けることで、オステオパシーを創始した医師A・T・スティルのオステオパシー初期の哲学を継承し続けることを目指しています。

その哲学とは、身体全体を一つの巧妙につながった組織(ユニット)として観察し、ユニットの運動を妨げる要因に対して正確な手技によって調整を行うことで、自己治癒力を高め、薬に頼らずに疾患を治療するというものです。


A・T・スティル

オステオパシーの適用症状

オステオパシーは身体全体を一つのユニットとして考えているので、身体に起こる全ての症状に適応します。

当院に来院される患者様で多いのが、肩・首のこりや痛み、腰痛などの症状をお持ちの方です。 他にもいろいろな症状をお持ちの方が来られています。

当院で扱えない症状

出血を伴う怪我、急性期の骨折・捻挫・打撲、動脈瘤や深刻な心臓の病気をお持ちの方、または医師から厳重に手技療法の施術を禁じられている方。
施術が効果をあげる可能性がない症状や、もしくは危険性が少しでもある場合は施術をお断りいたします。命の危険や、障害が残る可能性がある症状を発見した場合は、すぐに病院へ連絡しタクシーをお呼びします。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛の診断を病院で受けて痛みに苦しんでおられる方は、現在、歩行が可能であれば一度ご来院ください。診断を受けていても、症状が改善・緩和した方もたくさんおられます。
どうにもならない状態になる前に身体のメンテナンスをしましょう。

オステオパシーはどんなテクニック?

当院がオステオパシーでの施術にこだわるのには以下の理由があります。

①安全性が洗練されており、受け手に痛み・不快感を感じさせない
オステオパシーは筋肉や関節の硬さ、体液の循環を感じ取りながら、独自のゆったりしたリズムと共に、硬くなった筋肉に弾力を戻したり、関節の可動域を広げていく施術が主になります。
痛みがリラックスを妨げると症状が改善しないと考えているので、不快な痛みを感じることの無いように細心の注意を払いながら、施術を行います。※癒着した筋肉や筋膜、靭帯をゆるめる時に痛みがある場合があります。
全身を一つのユニットとして捉えるという考え方から、症状の根本原因を改善するために、問診、検査を密に行い、症状の出ているところだけでなく、関連しているところも施術し早期改善を目指します。
極小さな力を安全にコントロールしながら施術を行いますので子供から80歳を超える高齢の方まで安心して受けていただくことができます。
痛みやコリのあるところを揉んだり押したりするマッサージや整体のイメージとは異なります。
※強い揉み押しがご希望でも症状改善の妨げになる場合、ご要望にはお応えできませんのでご了承ください。
②自己治癒力によって症状を改善させる。
「治す」のではなくて「治る」を目標に施術を行います。
オステオパシーの始祖達は、身体に本来備わっている自己治癒力が、身体のゆがみや筋肉の緊張、関節の可動域の減少などでその力を発揮できていないと考え、手技によって身体を整えることで自己治癒力を取り戻し症状の改善を試みました。 これがクラシカルオステオパシーの基本となる考え方です。
自己治癒力の定義は様々ですが、当院では身体を一定の状態に保つ自律神経の働きのことだと考えています。
自律神経が乱れると、痛みなどの原因となる生理学的現象が進行し、筋骨格系のゆがみが現れてきます。これが肩こりや腰痛になる原因です。初期の段階であれば、適当に押したり揉んだりしているうちに症状が改善されることはありますが、しびれや、知覚過敏・鈍磨などの異常レベルになると、適当にやっても全く改善しません。 筋骨格の微細な調整によって、体内の生理学的異常を解消し、自律神経の働きを正常化させることで初めて症状が好転していきます。 そして、最も重要なことは過剰に施術をしないことです。
施術を適切な量だけ行えば、放っておいても症状は改善します。
当院は、必要な調整を微細に感じ取りながら必要な量だけ施術することに集中して行います。
よって、当院では「もっと強くしてください」にはお応えできません。施術後に多少の痛みが残っていても、「放っておけば改善する」「過剰な刺激(=組織の損傷)を加えることになる」と施術者が判断した場合はそれ以上、施術は行いません。
全ては患者様のためでしかありません。
「治すのではなく治る身体へ」
身体に備わる力(自己治癒力)を発揮させることで、余計なことをせずに「勝手に身体が治る」という考え方は症状の根本からの改善に必要な考え方だと当院は考えます。
③改善へのプロセスが説明しやすく、多くの人に理解しやすい
症状を改善し好調を維持することと、その仕組みをある程度理解することは大きく関係しています。「何故痛く無くなったのか?」が分かれば「何故痛くなるのか?」も想像しやすくなるからです。人は原因が分かれば、「それ」を恐れなくなり、適切な対処を行うようになります。だから当院はわかりやすく説明します。改善の仕組みが説明しにくい技術は、患者様自身の為にもなりません。
「仕組みが分かりにくい」という感じ方には、個人の価値観も関係し、「骨がずれている」という説明では理解できるのに、「リンパが詰まっている」と説明すると理解しにくい人がいます。それぞれに自分が納得しやすい言葉の傾向があり、その人の「趣味嗜好」に合わせた説明や提案が技術者の腕ですが、オステオパシーの考え方はあらゆる考え方を包括し、柔軟性の非常に高い応用力に富んだテクニックなので、様々な人に理解しやすい説明をすることが可能です。結果、症状が改善する人も多くなります。初期のオステオパシーが様々なテクニックの源流であることを考えれば当然のことなのかもしれません。
当院では、それぞれの患者様の症状の改善に必要な説明をなるべく分かりやすく行います。